壊れないですか?

太陽光発電に関する疑問は日に日に募っていくばかりです、ふと疑問に感じたのですがソーラーパネルを自宅の屋根に設置しているのですが壊れることってないのでしょうか?
よく考えてみると、年がら年中ソーラーパネルは外に設置しているわけで綺麗に晴れている時もあれば激しい雨が降ったり地域によっては雪が積もったり、年に数回程度ですが激しい台風がやってきたりといつ壊れてもしょうがない外的要因がソーラーパネルにはまとわりついているのです。
特に最近の日本の天候状況を見てみるとゲリラ雷雨や激しい台風が季節に寄りますが週ごとに襲ってきているのです。
こうした厳しい環境下におかれているソーラーパネルは壊れることなく作動し続けるのでしょうか?
一度調べてみるとソーラーパネルの表面というのは、強化ガラスと呼ばれるものでできています、強化ガラスは4センチの程度の固いひょうなどが降ってきても、大丈夫と言われているので激しい台風がやってきたときも壊れることなく滞りなく作動し続けることができるわけです。
それにソーラーパネルの裏面は樹脂でおおわれていて、傷つきやすいので、取り扱いには注意が必要と言われています。
強化ガラスが壊れなくても、太陽光パネルの表面が汚れてしまい、発電電力量が少なくなってしまうこともあるそうなので定期的なメンテナンスが必要とされます。
それでも、屋根の上に設置する太陽光パネルは、比較的故障の可能性が低いので自然災害などによって壊れる心配はないと考えておいたほうがいいです。
そのかわり、太陽光発電を導入し電力を作るにはソーラーパネルだけではなく電力を家の中に送るための配線や、パワーコンディショナーなども必要になるので、これらの周辺機器が故障するということはよくあるそうです。
だからみなさんが思っている以上にソーラーパネルのしくみはかなり頑丈なのです、調べてみると日本のソーラーパネルの技術の高さがうかがい知ることができました。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>